屋根裏に住み着くクマネズミの駆除方法

家に出没する可能性が高いねずみは主に3種類。

ネズミ駆除方法が気になる方はこちらへご来訪下さい。

体の小さい順にハツカネズミ、クマネズミ、そしてドブネズミです。

このうち、よく屋根裏で走り回っていることが多いのがクマネズミです。
体長は15〜25cm程度、体色は茶褐色や黒、しっぽが長く、耳が大きいという特徴があります。

臆病で警戒心が強いために、駆除するのはなかなか厄介です。

駆除方法としては、住みかとなっている屋根裏に罠や駆除装置を設置すると良いでしょう。

YOMIURI ONLINEの知りたかった情報がきっと見つかります。

屋根裏は人間が普段入ることがないので毒を置いたり、超音波撃退装置を仕掛けても、人間には実害がないのでおすすめです。

駆除グッズは色々なものが販売されているので、一つのもが効果がない場合は、他のもの、あるいは複数を同時に仕掛けておくのも良いでしょう。
寿命は3年ほどで、年に5〜6回子どもを産みます。一度の出産で5〜6匹産みますので、どんどん増えていきます。


ネズミ算式に増えるといいますが、まさにその通りです。
そのまま放置していると、色々な被害が発生する可能性があるので注意が必要です。

自分では無理だと判断した場合は、業者に依頼するのも手です。
プロの駆除業者は長年の経験と知識が豊富です。費用は発生しますが、確実に退治してくれます。


また、保証をつけているところに依頼すると安心です。



一度追い出しても、また戻って来ることが多いからです。
そして、家の中をいつも清潔していて、住みにくい環境にすることも忘れてはなりません。